【元総務担当者より警告】ワーママ時短勤務|給料や待遇を維持する方法

子供が産まれると時短勤務するママがほとんど。

わたしも実際に子供が産まれてから、短時短勤務しました!

総務人事職の私が言いたいのは、
「給与や仕事内容を全て総務に任せないほうがいい」
ということです。

出産後、職場復帰する方、時短勤務を予定しているあなた。

これを読んで今から行動することをおすすめします。

【時短勤務の手順】妊娠したら上司と総務を味方に

【時短勤務の手順】妊娠したら上司と総務を味方に

妊娠したあなた、今後時短勤務を検討しているあなた!

上司だけでなく総務の人も味方につけておいたほうが絶対いいです!

私が勤めていた会社の例も合わせて、具体的にしておくといいポイントを2つ紹介します。

①【あなたと所属の上司】妊娠報告と同時に、復帰後はどんな働き方をしたいか相談

妊娠報告と同時に、復帰後はどんな働き方をしたいか相談

一番身近で、力のある上司に今後の展望をちらっとでも話しておくといいです。

会社にもよりますが、妊娠した従業員の直属上司から今後の働き方について総務・人事へ話があります。

その時に、仕事内容などの待遇面が変わる事もありました。

上司には不安な気持ちなど話して、味方につけてください。

②【あなたと総務】出産前に復帰後の不安点をなくす

②【あなたと総務】出産前に復帰後の不安点をなくす

中小企業など製造業など、総務や人事がかなり力をもっている会社も多くあります。

この場合は、総務への相談にも力を入れるべき。

ちなみに会社内で総務がどれだけ力をもっているかは、総務部長を注意深く見てみること

主婦など噂好きな人から話を聞いてみるといいです。

ただし、全部の内容を信じてはいけません。
でもあながち方向性は間違っていないことが多いので参考になります。

総務に気に入られることも、仕事をうまくやるコツだと思います。

時短勤務になると、給与・待遇面はどう変わる?

①給与や賞与は、働いた分だけ支給される結論から言うと、

①フルタイムと比べると、毎月の給与・賞与は75%に減る
②社会保険料の支払額も減る
➂将来もらえる年金額が減額することはない(条件付き)

保険関係など、総務へ任せっきりな人がほとんど。

「社会保険など分からないことばかりなので、お任せします」と言われることが多いです。

出産後、育休中に何度も電話でやり取りをした従業員もいます。

正直すごく大変。
その時の電話のやり取りなども考慮され、復帰後の進退に関わってくることもありました。

わからなくて、当たり前。
だからこそ、ちょっとでも不安なことはまず自分調べる!そして早めに聞く!

これに限ります。

①給与や賞与は、働いた分だけ支給される

多くの会社がフルタイムが8時間、時短勤務は6時間となっています。

6時間÷8時間×100%=75%

 

バタコ

具体的に金額したら、かなり少ないですよ💦

例えば、手取りが20万の場合。
短時間勤務で15万円になります。

やはりフルタイムとの金額差が大きいですよね。

②支払う社会保険料は少なくなる

給与減額に合わせて、支払う社会保険料も変わります。

社会保険料=健康保険料+厚生年金保険料+介護保険料(40~64歳の人)

しかし思ったほど減額されないのが、現実。
特に高いのが厚生年金(T_T)

バタコ

正直それほど大きく変わらない人が多い!

仮に、総支給額が20万とした場合、厚生年金保険料は18,300円
短時間勤務になり15万になった場合は、13,725円

その差は、4,575円

もっと減ればいいのに・・・高い。

③将来もらえる年金額が減ることはない

支払う保険料が少なくなるからといっても、将来もらえる年金額が減ることはありません。

3歳未満の子供を養育していることがポイントです。

会社より「養育期間標準報酬月額特例申出書」を提出してもらえば、OK!

支払っている保険料が少なくても、フルタイム時の保険料を支払っているとみなされます。

さりげなく、担当者に聞いてみてください。
意外と申請を忘れている会社もあるようです。。


まとめ:総務を信用するな!会社の規定を読むところから始めよう

まとめ:総務を信用するな!会社の規定を読むところから始めよう

総務にいた私が言えることは、1つ

「上司だけでなく、総務の人は必ず見方につけるべき」

前の会社では給与・社会保険関係の書類は、かなり仕事が出来る上司「デキスギ君」がチェック。

しかし、それでも漏れてしまう事・ミスは発生していました(もちろん全て処理できました)

総務や人事の人に全てを任せるのは、ダメ。

給与計算や保険の手続きを外部に委託しているところもあります。

それでも信じ切ってしまうのは良くないです。

まずあなたがするのは、会社の規定を読むこと。

入社時に配布される会社が多いです。
手元になければ総務へ行ってもらってください。

自分の身は自分で守りましょうね。