【共働きはお助けアイテム必須】夏休みの宿題を乗り切る方法

小学生の夏休みの宿題、とっても多くて嫌になっていませんか?

にっこり

最近は夏休みの宿題が半端ない!

共働き家庭には、子供の宿題が家族の喧嘩へと発展することも・・・

〇公立の小学校ではどのぐらいの宿題が出てる?
〇どの程度親が手伝わなくてはいけない?
〇共働きで時間がない家庭は、どのようにこなしていけばいい?
先輩ワーママから教えてもらった「使うと便利なお助けアイテム」も合わせて紹介しますヽ(^o^)丿

【これが現実】小学生になるとかなりの宿題が出る!

実際に公立小学校で出された夏休みの宿題を紹介します。

・計算プリント
・ひらがなプリント
・夏の友
・夏休みの工作か研究
・読書感想文か絵画
・こくごの教科書音読
・計算カード音読
・歯磨きカード
・早寝早起きカード
・子供が料理かお弁当を作り、感想を書く
・本を読んだ(読んでもらった)感想

一個一個はそれほど大変ではないかもしれませんが、小学生にしてみればかなり大変・・・私が小学生の時には、これほど多くの宿題が出ていたかなーと思ってしまうほどの量が出されます。
うちの小学校は、校長先生が学業に力を入れている影響もあり、他に比べると多少多いかもしれません^^;
ちなみに毎日色塗り、毎日音読・・・正直できてません!!

小学生の宿題は家族とやるもの

夏休みの宿題は、基本的に家族と一緒にやるというのがスタンダードと近所のママに言われました。。共働き家庭には本当に悩ましい限り・・・いつそんな時間があるんじゃ!と言いたくなります。

プリント系の採点は、家族がする。
音読系のチェックは、家族がする。
感想文系は、家族のコメント欄がある。
工作は、一人で出来るわけないので手伝う。

にっこり

全部一緒にやらなあかんやん!!

親の試練だな・・と痛感してます(:_;)


共働き家庭の夏休みの宿題|基本学童で済ませ、残りは休日に

【共働きの夏休みの宿題】お助けアイテム

共働き家庭こそ、平日は時間が取れませんよね・・・うちは基本的にプリント関連は学童で済ましてくる!というスタンスで行きました。

学童では、夏休み期間中毎日1時間勉強の時間があるので、プリント関連は学童でやることにしました。それ以外の工作や絵画は、金曜日の夜か土日に時間をとり、一緒にこなす。

出来れば毎日やったほうがいい音読は、家に帰ってきたらすぐに取り掛かります。そして終わり次第、テレビを見たり、アイスを食べていいことにしています。

毎日とは言いませんが、目の前にエサをぶら下げておけば、まあまあの確率で何とかこなしてくれました。

読書感想文のお助けアイテム「読書感想文の書き方」という本

共働きの夏休みの宿題で大変なのが読書感想文

小学生が読書感想文を書くのって、本当に大変です。実際には小学3年生くらいから文の書き方を学びますが、それよりも前に文章を書かせるなんてヒドイ。

といっても夏休みの宿題なので、やらなくてはいけません。

先輩ママに教えてもらったのが、「読書感想文の書き方」という本!今では読書感想文を上手に書けるようになる本が毎年多く出ています。夏前になると、書店などには多く並んでおり人気ですヽ(^o^)丿

そんあ中私がおすすめするのが、あなうめ読書感想文

初めて読書感想文を書く子供ほど、どういう構成でどういう事を書いていいか分かりません。というか、大人も分からない。

これは穴埋め式なので、他の読書感想文の本を見ても上手に書けなかった子でも書けます‼先輩ワーママは毎年読書感想文の書き方という本を購入しているようですが、何だかんだで穴埋め式が一番しっくりくるらしいです(笑)

ちなみに、地域によっては小学校1年生から読書感想文を書かなくてはいけないところもあるようです。

担任の先生から「お母さんが読書感想文を書いてもいいですよ」って知り合いのママは言われたらしい。

にっこり

宿題に出す意味ある??疑問です…

夏休みの宿題は家族とやるのが当たり前な時代。だからこそ、ちょっと楽できるような攻略本が出てきているのも事実です。

イライラして疲れないようにしましょうねヽ(^o^)丿