【ワーママの2人目子づくり】排卵検査薬と栄養バランスで準備万端!

ワーママの2人目妊娠って正直スムーズに事が運ぶ人ばかりでじゃありません。

そして何か心配なことがあっても、「妊娠」というナイーブな内容ということもあり、正直友人にも詳しいところまで相談しづらいですよね(;一_一)

共働きのわたし自身が2人目妊活中ということもあり、いま気を付けていること・実践していることをまとめました。

我が家では産婦人科へ行って、お金や時間をかけて妊娠することはしないというスタンスです。

同じような考え方の方へ、少しでも役立ってくれたらいいなと思います!

2人目が欲しいワーママの悩みは「仕事・年齢・経済面」

ワーママが2人目を妊娠するにあたって、悩むのは「仕事・年齢・経済面」です。

①仕事

ワーママの仕事は激務

妊娠することで、仕事に影響が出てきます。キャリアアップを目指していたワーママなら、妊娠すると…と考えてしまい躊躇してしまうことも。

私は1人目の育児休暇中に2人目を妊娠するのが、一番ベストなタイミングだと考えます。

それはママの身体のことを考えても、職場のことを考えても、それがベストだと思います(ばた子論)

②年齢

年々歳を重ねると、妊娠出来る確率は下がっていくことは事実です。

自然妊娠の確率

35歳から確率が下がり、45歳には自然妊娠の確率が1%になります。

何だかんだ年齢なんだなと実感してしまいますよね(-_-;)

③経済面

お金

子供が成人するまでには、約1千万ほどかかると言われています。

お金じゃないといっても、やはりお金も大事(+_+)

子供が欲しくても、お金がちらつくのも事実ですよね!

2人目が妊娠できない私が行きついた結論は無理しない!

ワーママ

長男は手がかかる方だったこともあり、まだまだ2人目は考えられない・・・という感じであっという間に3年が経過。

職場へ復帰するタイミングで会社が移転することになり、あえなく退職。

就職先を見つけるまではかなり時間はかかりましたが、仕事をすると社会とつながれた感を味わうとともに楽しく感じていました。

仕事は上司や周りが評価してくれる!

仕事が楽しい

子供ほしい・・・

妊娠したら迷惑かかるよなー。

 

いつもモヤモヤしていましたが、旦那と相談してそろそろ2人目が欲しくてトライしてみましたが、なかなか出来ず。

1人目が出来たから大丈夫でしょ!
という得体のしれない自信があったので、産婦人科へ行くことはありませんでした。

基礎体温計

ストレスをためない

身体をひやさない

出来ることはやってみましたが、簡単には妊娠できず、生理が来ては落ち込み。

また淡い期待を抱いてワクワク・ソワソワしつつ、生理が来ては落ち込み。

何度自分を責めたか分かりません。

 

旦那とは何度も話し合いました。
産婦人科へ行き、お金や時間、気力体力を使ってまでは、2人目は望まないという結論に達しました。

だからこそ、自分で出来る限りの努力はすることにしています!


出来る限りのことはする!「排卵検査薬と食事改善」

排卵検査薬は高感度のものを選ぶことがポイント!

妊活中の私が使っているのが、ドクターズチョイスという排卵検査薬です。

ワーママの2人目妊娠には排卵検査薬を

最低体温日の前日~最低体温日の翌々日の4日間がもっとも排卵が起こっている可能性が高いとされています。
おおよその確率は次のようになります。

最低体温日の前日5%
最低体温日22%
最低体温日の翌日40%
最低体温日の翌々日25%

どの排卵検査薬よりも排卵時期を早く知ることができます

よく知られている排卵検査薬は30~50mIU、感度が低いものが多いです。

そのため、排卵日の前日や当日にならないと陽性反応が出ません。

陽性の反応が出たころには排卵日2日前を過ぎてしまったり、旦那との準備ができないこともありチャンスを逃していることになります。

しかしドクターズチョイスは20mIU。

排卵日をどれよりも早く感知することができ、正確に排卵日を知ることができますよ(^^)/

やっぱり大事!食生活も見直そう!

規則正しい生活を

規則正しい生活・食生活・適度な運動が妊娠しやすい体作りにつながっていきます。

自分で料理をしていると、どうしても自分好みになってしまいます。

味つけが濃くなってしまったり・いつも同じものを作ってしまったり・・・

 

キットオイシックスを使うことで、いつもは使わない食材・味付けの料理を食べることができます

もちろん管理栄養士やプロの料理人が監修しているので、栄養面もバッチリ!

しかも20分以内には調理が完了するので、ストレスもありません!

[kanren id=”104″]

まとめ

2人目不妊という言葉を聞いてしまうと、焦ってしまいますよね。

妊娠しやすい体づくりは出来る限りしたいもの。

タイミングを計りつつ、体の内側も準備万端の状態でのぞめるようにしていきましょう!

お互い頑張りましょヽ(^o^)丿